丁寧な問診が受けられます|精神病診断で病気に早めに気付く【おかしな所がないか確認】

サイトメニュー

丁寧な問診が受けられます

女性

病院で診察を受けましょう

現代はストレス社会になっており、家族も仕事や介護で忙しいご家庭が増えているので、悩み事を相談できる人が少ないと感じている人が多いです。うつ病や双極性障害、統合失調症などの精神病は珍しい病気ではなく、誰でも罹る可能性のある病気です。代表的な精神疾患の統合失調症は妄想や幻聴、まとまりのない会話、見だしなみに無頓着になるなどの症状が見られます。うつ病は憂鬱で落ち込んだ状態が2週間以上続きますし、双極性障害は躁とうつを繰り返す病気なので、同居している家族も変化に気付くことが多いです。精神病が疑われる場合は、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診することが大事です。予約制の病院が多いので事前に電話を入れておくと良いでしょう。精神神経科の病院やクリニックでは、豊富な知識や経験を持っているため、安心して受診できます。病院やクリニックによっては問診表に記入が必要になります。医師がカウンセリングや診察を行いますが、患者の表情や症状などを確認して病気の診断が付くことが多いです。問診やカウンセリングの他には心理テストなどを行う場合もあります。統合失調症は会話にまとまりがなくなったり、被害妄想などを持っていたりする場合は診断が付くことが多いです。数回の通院をしたり、家族に話を聞いたりすることで本人が気付いていない病気を発見できることもあります。統合失調症の患者は本人に病識がないことが多いですが、家族はきちんと説得をして早めに病院やクリニックを受診させることが大事です。家族もなるべく付き添ってあげて下さい。双極性障害やうつ病、統合失調症などの精神病は、環境的な要因と遺伝的な要因などもありますが、問診やカウンセリングを受けることで、病気の診断が付くことが多いです。双極性障害は初期段階ではうつの症状が見られることが多いですが、躁の状態になると落ち着かず動き回ったり、夜も寝なくなったり、浪費などが原因で借金ができることもあります。双極性障害は同居している家族も大変な病気ですが、早い段階から治療を受けることで、病気の寛解状態を長く維持することが可能です。うつ病や双極性障害などの精神病が疑われる時は、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診して下さい。問診や診察、カウンセリングなどで総合的に判断をして、病気の診断が付くことが多いです。一人一人の病気の重さや症状が違ってくるので、治療の方法も違ってきます。入院の必要がない場合は、内服薬を処方してくれるのでしばらくは続けることが大事です。症状が重く仕事や家事、育児などに影響が出ている場合は、一時的に入院による治療を勧めることもあります。職場や学校、人間関係などのストレスが原因の場合は、一時的に離れて休養をすることで回復することも多いです。精神病が診断されると、家族や本人はショックを受ける人がほとんどですが、適切な治療を受けることで回復ができますし、社会復帰も可能です。病気が疑われる場合はなるべく早く、精神神経科のクリニックや病院を受診することで、病気の回復が早くなります。最初から強い薬を処方されないので、安心して受診して下さい。