サイトメニュー

多種多様なこころの病

医者

病院へ行くメリットとは

昨今、日本のみならず世界的に年々患者数が増えている病気が「うつ」や「統合失調症」を代表とするいわゆる「精神病」です。特に日本人は勤勉で真面目な国民性ゆえ、このような精神病に罹りやすいとも言われていますから決して他人事ではありません。自分自身や自分の家族、友人や同僚など身近な人が発症してしまった時に適切な対応が取れるようにする為には知識を持つ事が大切です。そもそも、精神病もしくは精神疾患と聞くと「うつ病」の別名のように錯覚している人も少なくありませんが、実際はそうではありません。先述の統合失調症の他にも適応障害やパニック障害、不安神経症やPTSDも精神病に総称され、挙げ切れないほど他にも沢山の障害、病があります。先天性の遺伝子的な要因で罹る事もありますし、日々の生活におけるストレスや他の身体的疾患が要因で罹る事もあります。また、多様なのは原因だけでなく現れる症状も様々です。そして、その症状や病気の内容によって治すための治療方法は異なるのです。最近気分が沈んでばかり、食欲が減退したから自分は鬱だ・・・と簡単に自己診断してしまうのは危険です。治療が受けられる病院は基本的には精神科です。最近ではメンタルヘルスクリニック等と表記される場合もあります。気分が落ち込んだりする以外では、頭痛やめまい等一見すると精神疾患とは考えにくいような症状が出る場合もありますので、少しでも変だと感じたら病院を受診しましょう。専門医によって具体的な病名が診断されると、適切な治療や投薬が行われ、完治の道へ向けてスタートする事が出来ます。先述の通り、精神病を疑ったら迷わず病院を受診する事が完治への近道になる事は間違いありません。しかし、未だに精神疾患に対して偏見や気持ちの問題だと誤った知識をもっていたり、恥ずかしさを感じたりしている人も少なくありません。その為、精神科やメンタルクリニックにはなかなか足が進まないという声も多く聞きます。ではなぜ精神科を受診すると良いのか、メリットを知っていきましょう。専門医によって何かしらの精神病の病名が診断されるという事には沢山のメリットがあります。第一に社会人であれば会社を休める事です。精神病とは言え、気持ち一つですぐに治せる病ではありませんから、他の病気や怪我と同様、医師の診断書を貰って休暇を取る権利があります。医師の診断の元、公的な手続きを踏んで会社を休むと「傷病手当金」が貰える場合があります。仕事を休む事で減る収入、通院によって増える支出を支える大きなサポートです。また、それでも治療費の捻出が難しいような人には「自立支援医療制度」という助成も助かります。こちらの制度を利用すれば、通常3割負担の医療費を1割に減らす事が出来るのです。更に言えば、医師の診断があれば症状に合わせた適切な薬を処方して貰える事も大きなメリットです。また、自分が病気だと理解できる事も利点の一つです。怠け者だからやる気が起きない訳ではない事、仕事や家事を休むのは悪いことではない事、病気が原因だから治るまでは仕方ない事なのだと自分自身にも周りにも知らせる為には医師の診断が必要不可欠なのです。